イベント

【企画展】遊牧世界とみんなのグローバル目標SDGsでつながるパネル展

開催期間
2020年11月16日(月)~11月30日(月)
場所
山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター 1階屋内休憩スペース

鳥取砂丘から世界の乾燥地へ!!
乾燥地研究センターのグローバルな取組を紹介

鳥取大学乾燥地研究センターは、世界の乾燥地で生じる問題解決の研究を通じSDGs達成に取り組んでいる。特にモンゴルは重要な研究対象地であることから力を注いでおり、環境変化の影響を受けやすい遊牧民の健康調査についても積極的に進めている。今回のパネル展は鳥取県JICAデスクと協力して、SDGsを通じて国際協力への理解を図るとともに、SDGs17の目標に合わせJICA海外協力隊の活動内容を紹介し、JICAボランティア派遣事業への関心を高める。

乾燥地研究センターは、1990年(平成2年)6月8日に全国共同利用施設として設立された、
乾燥地問題に組織的に取り組む、日本で唯一の研究機関です。
乾燥地科学分野における全国共同利用・共同研究の拠点として、砂漠化や干ばつ等の
諸問題の解決及び乾燥地における持続可能な発展に資する研究を推進している施設です。

イベント情報

開催日 2020年11月16日(月)~11月30日(月) 9時~17時
主催者 国立大学法人鳥取大学乾燥地研究センター