Summer

Summer

真昼の砂は白くきらめき、太陽の熱を照り返す。
だが、喧噪が静まる夕暮れには砂は茜色に染まり、やがて夕陽が沈むと、馬の背は夜のとばりに包まれる。
砂の上に大の字になると海風が心地よく、夜空に天の川が流れ、かいじょうには漁り火が数を増す。
静寂の中でまぶたを閉じれば、体は砂に同化してゆく。

SEASON

にぎわいの夏

肌を焦がすような日差しが照りつける夏。皆が心を踊らせる、生きとしけるものの躍動の季節だ。
黄昏時、砂丘は落日の黄金色に燃え上がる。
やがて、夜の帳がおり、漆黒の闇のなかに漁火がともりはじめる。
そしてそれは、またたくまに光りのベールとなって闇夜を照らす。
妖しいばかりの美しさだ。

ハマゴウ

砂丘に爽やかな香りが漂う。
ハマゴウが青紫色に砂丘を彩る。

ネコノシタ・・・猫の舌・・・??

海岸付近には黄色のネコノシタが咲く。
葉が「猫の舌」のようにザラザラしていることが名前の由来。

透明度の高い山陰海岸の海

”浦富海岸(うらどめかいがん)”は、日本海の荒波と風雪によって浸食された断崖・絶壁・洞門・奇岩の荒々しい景観が、澄みきった海水や岬に囲まれた白砂青松(はくしゃせいしょう)の穏やかな渚と見事なコントラストを見せてくれる。
また、古くから景勝地として知られ、日本百景(昭和2年)、名勝及び天然記念物(昭和3年)、山陰海岸国立公園(昭和38年)などに指定されるとともに、平成22年10月には、浦富海岸を含む山陰海岸ジオパークが、世界ジオパークネットワークに加盟認定されるなど、学術的にも評価されている。

『星取県』

照明と、遮るものがなにひとつない鳥取砂丘ならではの楽しみ方のひとつ。
月明かりのない日には天の川も見えるほどに綺麗に満天の星が見える。

星取県の公式サイトはこちら

漁火

夕日が沈みだすころ、海上にぼんやりと明かりが現れる。
イカ釣り漁船の漁火です。